空と時の研究室

 主に日常のあれこれを思いついたままに垂れ流してます。たまに絵とかも描いたりしてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズオブハーツ プレイ日記其三

さて遅れました、第三回です。
いろいろと忙しかったもので・・・
では、どうぞ!!


アンデール坑道!
石の扉を開き、いざ!!

ここの敵はD(デスティニー)で見たやつがちらほら
もっともコックローチとかギャザーはDでは終盤の敵ですが
ギャザーの面倒臭さは健在でしたね

ところどころにクモの巣が。
さっきソーサラーリングを貰ったから、燃やせということなんでしょう……
とは言え、走っているとあることに気付きにくいので何回かひっかかりましたが

ちょっと進むとプレートが
内容は、足元のプレートを全て光らせろ。後戻りは許されない(うろ覚え)とかな
んとか

ちょっと難しかったですが、コツを掴めばあとはパターン。
問題なしでした

マップを一つ抜けると、そこには巨大な壁画が!
ゼロムとかが描いてあるみたいです
その一つに羽クジラなるものが描いてありました

が、ここでシングくん。クジラは魚だ!発言
速攻否定するベリル
え?クジラって魚じゃないの?とかそんな僕の戯言は置いときます

残りは大したことはなく。
無事抜けました!
かなり入り組んでて面倒でした……

そういえば、壁画の部屋にはもう一つ扉が。
鍵がかかってましたから……あとでまた来るんでしょう


そして本来の目的、カル様への先回りに成功!!
カルセドニーvsシングです!
シング、かっこいい……

で、案の定戦闘突入
カルのHPが高いのと、ほぼ一撃だったので、無抵抗に蹂躙されてみました
やっぱりストーリーは進みます
たぶんカルのHPは低くはなっても、ギリギリで???とかになるんだろう。きっと


結局、スピルーンは奪還出来ず……
しかし、カル様に逃げられた後に何か光るものが!
もしや、コハクのスピルーンか!?

いえいえ、そんなに世の中甘くはない
「緋眼石のペンダント」というものでした
後でキーアイテムになるのでしょう、と自分の中で勝手に処理して、帝都エスト
レーガへ


さて、エストレーガに到着
早速コハクのスピルーンを!!……と便利屋ガネットへの手紙も忘れてはいけない

街に入ってちょっと進むと、なんとカルセドニーと遭遇……!
またもや、シングとタイマンです
またやられるのか……と思いきや。
インカローズを吹っ飛ばしたあのオーラ(的なもの)が出て、カルをやっつけてし
まった……

騒ぎを聞き付けた結晶騎士が二人、シングのもとへ
良いぞ!やっつけちゃえ!!
とか思っているとあっという間にボコボコに
そのまま連行されました
そしてそれを追いかけてコハクまで

ま、まぁとりあえずエストレーガを探索しましょう
ヒスイとベリルだけになっちゃいましたが……

………しかしこの街。
無駄に広い!流石帝都。非常に広い

一通り探索し終わり、怪しい格好の人に話しかけてみる
するとなんと!その人こそ、便利屋ガネットさんだったのです!!
ごめんよ、ガネットさん。すっかり忘れててたよ……
だって広いんだもの……

さて、そんなこんなでガネットさんが教会へ侵入する手立てをしてくれることに
……


ところ変わって、教会
シングは教会の偉い人、アーカムと対面です
DM3での悪y……いや、やめておこう。きっと伝わらない
どうやらこの人、ゼクスじいちゃんの知り合いみたいです

なんとシングを結晶騎士に誘ってきました!
まあまあ、良くある展開

そこへ今度は軍のお偉いさんが
名前をグロシュラーとコーネルピン
教会と軍は対立してるようです……
それぞれ、白ネズミ(アーカム)、ハゲ熊(グロシュラー)と呼び合ってました

それを見てシング。カルに意見
「こんなのが大人なら俺は子供のままでいい」と……
かっこいい!!痺れる!

とまぁ、そんなことの後教会に監禁(?)されてしまいました
それと先程拾ったペンダント、あれはカルセドニーのものだったようです


その後、ヒスイ編。
教主の部屋でシングのソーマとコハクのスピルーンを手に入れました
スピルーンはやはり「恥じらいのスピルーン」でした


そしてその後、シング救出へ
ガネットさんが持って来た献上品は爆弾でした

コハクがアーカムに狙われてしまいました!
アイオラの娘、だとか興味深いことを言ってました……

逃走を謀る一行
が、細い渡り廊下の上でアーカム、カルに追い詰められた!

しかし、下を通っていたイネスの荷物をクッションに飛び降りました
カルのソーマは翼がついていますから、当然追いかけてきます
そこでなんとイネスがカルセドニーを一蹴!!
つ、強いです……

それを見ていた軍コンビ
彼らもコハクを捕えると・・・・・・
面倒ですね、これから


イネスが参加でシャルロウという街に行くことに
先程教会を騙した、ということで既に悪評が……
それの返済で肉体労働込みだそうです
プレイしてるだけなら、まったく関係無いですね


さて、湖上の都シャルロウに到着
悲しみの感情ですね。みんな暗いです

そこでちょっと気になる話が・・・・・・
シャルロウの黄金の鐘について
たぶん後々なんかイベントがあるんでしょう・・・・・・

中心街へと舟で移動すると・・・
マリンさんという方が。
彼女はどうやらまだ無事みたいです
あれ?この声ひょっとして・・・・・・能登さん?
そんな気がする・・・・・・

で、彼女が言うにはスミソナ先生が原因じゃないか、と。
悲劇の画家なんだと、ベリルが教えてくれました
なんでも、失明してしまったとか


が、その前に
恒例の(?)街探索へ……
皆さん沈んでいて面倒とは言え、ちゃんと補給その他はできました

この街、図書館があるんですね~
中には蔵書と数人の人
その中になぜか無事な人が・・・・・・
彼はコレクター図鑑、というなんともだるい楽しいものをくれました

そして、蔵書の中にはあのアクティブタについての本が。
やっぱりブゥサギでした
どうしてナムコは名前を変えたんでしょうか?(どうでもいいよ・・・)


で、一通り回ったらスミソナ先生の家へ
う~ん、たしかに暗い
実に悲しげ。じゃ、さっさとスピルリンクを・・・

よし、終わり………え゛、スピルーンないの!?
なんで!?スミソナ先生じゃないの?

しかしここであることが判明
スミソナ先生、実は失明などしていなかったのです!!
悲劇の画家を気取って……どうのこうの。
すいません、忘れました……

ベリルが落胆してます
まぁ、尊敬してたみたいだからわからないでもないですね


一旦マリンさんの元へ……
しかし、なんかこの人……怪しいなぁ
と思いつつ話を聞くと、別荘区のメイドさんが持ってるかも、と……

たぶん違うだろうと思いつつ。スピルリンク
するとなんと!この人が……持ってませんでした
まったく、予想通りのことを……


もう一度、マリンさんの元へ戻ります
やはり、マリンさんが持ってましたね
苦労させられただけあり、簡単にはスピルリンクさせてはもらえません

彼女はオデット水門、という場所に行ってしまいました
なんと、街を水に沈めるつもりだそうな……
それは大変だ!!
阻止&スピルリンクをするため、オデット水門へ……
街道を北西(だったような気がする)に



今回はここまで
長らくお待たせして申し訳ない&異常に長いです
そして、ここをプレイして一ヶ月近く経っているのでかなりの部分がうろ覚えで

次はちゃんと細部までメモ取ります……
では

スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://legendstar.blog133.fc2.com/tb.php/43-2935c9fd

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

kaitz

Author:kaitz
カイツといいます。

大学生となりました
現在音響やっとります(見習い)
プリンタないですので、絵が上げにくい・・・

ついったー垢
@soratoki_Kaitz

visitor

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

支援サイト様など

伝説のスターブロブ2 星空の雫-水草庭園出張所-

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。